おさんぽノート

暮らしの記録

つづき

長いことメンタルが悪くなってしまって、

変な記事をあげてしまいました

本当にわがままが爆発していて恥ずかしい

 

消したかったけど、

これも自分なので残してみます

 

焦がれるように

願ったものは

 

とうとう手に入ることはなさそうだなあと分かっていて

それで満足しています

 

たびたびものすごいわがままが

漏れ出てくるので 笑

呆れたりするけど

 

しあわせと思うことの方がたくさんあって

それだけで最高だなって思う

 

 

でも、あとひとつ

[Alexandros]のライブに

死ぬ前に一回だけ行きたいな(!)   

もうそんだけでいいのだ ふふふ  

 む、無理かな(;´∀`)!   

 

そんなふざけたことばっか考えてお気楽な私です  

つないでつないで

f:id:osanponote:20200207222016j:plain

 

つないでつないで出来ました

こたつ布団カバー

 

だいぶ休み休み、寝かせて寝かせて

3年くらいかけてやっと出来上がって、

なんだかうれしい

 

でも重たくってなんだかびよーんとのびてきそうだなぁ( ;∀;)

 

まあいいのだ

 

いろいろやってないこと山積みで(こたつカバーとかやってるからだ)

とにかく混乱状態が続きます

元気でない日々ですが、

つくったもの見ると一瞬ほわっと癒されます*

 

 

f:id:osanponote:20190619225841j:plain

 

去年の夏に編んでたこれは

プリンターカバー

小さいのでこちらは寝かすことなく

私にしてはサクッと出来上がって

立派に活躍中

 

モチーフつなぐのとても好きですねん

久しぶりに

長い間あいてしまいました。

また少しづつでも続けたいけど、

なかなか頭の中

混とんとして

 

いろいろあったと思うけど

まとまりません

相変わらずとっちらかった日々

 

遅ればせながらあけましておめでとうございます

元気な人も元気ない人も、ゆっくり

よろしくお願いします。

麦わらの帽子の君が

f:id:osanponote:20190619230544j:plain


 揺れたマリーゴールドに似~てる

あれは・・ふんふんふんふんふんふんふん

ふんふんふんふふんふ~ん♪

 

マリーゴールドの苗をたくさんいただいて(わー*)

やってみたかった

こぼれ種ふうに植え付けを

 

上手に育つかな、ドキドキ

 

ふんふふふんふふ

いつまでも~いつまでも、このまま~♪

 

麦わらの~帽子の君が~♪

エンドレスあいみょんな今日この頃  ふふ 

5年生ステップ

5年生になったときに子どもって

ものすごい大幅ステップを踏んで成長する

 

そんなふうに感じる私ですが、どうかな

ママ友なんかいないので、

そういう話をしたこともなくって

世間ではどう捉えられてるかとかも知らず

私だけの感覚かも知れません

(個人差もあるかな、男女差もあったりするかな)

 

子どもはいつか大人になる”人間”だって、もちろん知ってるんだけど

赤ちゃんで始まって、いろんなことが出来なくって知らなくって、

そんな子どもと長い時間過ごすうちに

いつの間にか忘れて、

子どもは子どもっていう生き物だと思ってる

 

で、5年生になったときに、

人間だったんだ!って思い出してすごくびっくりしちゃう

上の娘のときに衝撃的にそんな風に思って、

また忘れてて、ちびちゃんが今年5年生になって

またびっくり仰天してる(;´∀`)!

 

多分、ずっと人間だったんだろうなぁとここで気づく

(み、みなさんはずっと気づいてました?( ;∀;)?

子どもの中には秘めたる人間がずっといたんだけど、

きっと表現がおぼつかなくて、これまでは”子ども”に見えてた

5年生になると急にそれが表現できるようになって

突然、おっと(!)人間です

もうこれからはさっぱりかないません

 

たいして考えもせず、あれやらこれやら指示してみたり

教えたりするのが癖になっちゃってたのが、

突然、「なんで?」とか言われちゃったりして

なんでだっけ?となったりして(;´∀`)オホホ

 

これからは楽しい対等生活です

発言にも気を付けないといけません

(前からずっと気を付けていましょうね;)

 

そんなこんなで、

ゴールデンウィークが終わります

ホッとするやら、

仕事に行くのがまたちょっと緊張するやら

気持ちがふらふら落ち着きませんが、、

なんとかかんとか、えっちらおっちら

  

f:id:osanponote:20190505230100j:plain

GWランチ

優しい時間

月に何度か、拘置所へ行く

兄に面会するためです

 

拘置所へ行くと、ほかにもたくさんの面会者がいて、

待合室のようなところでわいわい待っています

 

このごろ、とてもこの空間が好きになって

なんだかホッと心落ち着く時間

 

みんな社会の中から少しはみ出してしまった人たち・・

の家族だったり友人だったりかな

きっと自分が良識あるだとか、

普通で、正しいだとか思っていない人たち

自分が間違わない人間だとは思っていない人たち

自分が誰かに迷惑かけないなんて思っていない

正しい人たちに責められる悲しみを知っている

優しい人たち

そんな風に勝手に思ってほのぼの

私の心は癒される

(なんか若干間違ってそうだけど((; ・`д・´)!)

 

なんとなくジャージっぽい姿の人が多いのが

私としてはちょっとツボです ふふ

 

そんな空間で

包まれているような気持ちで

兄に会うのを待ってる時間が好き